今朝の読売新聞の言葉、
「地を這うように」。

感じ入りました。
もう、バンデンバーグなど50年以上前の遺物、
と言ってはいけないけれども、そうです。

何にしがみついているのでしょう。
何に増上慢を抱こうとするでしょう。

地を這うように、地道に、しっかりと、
静かに歩んで行きたいものです。

随想「地を這うように」アップしました。
 2018_05_27


空想

Category: お知らせ  

ちょっと離れた所におり、
時間があるので、持ってきた岩波文庫を読みました。
その読後感などを。
随想「透視と空想(1)(2)」アップしました。
 2018_05_24



ニューズレターは60号(今号)で最終としました。
また、旧号はすべて完売しております。

ただ、ご心配にはあたりません。
随想「リニューアル」をアップしました。

 2018_05_17



過去に耽(ふけ)るといっても、
過去の光景や人々の思い、
その他を見ること。

「意識による旅行」の過去編です。
でも、それを自分の過去生とせずに、
ただ見ている、見せてもらえて嬉しいと、
そう思いながら宇宙の意識を意識することです。

自分の過去生がどうのこうのと繋げるなんて、
それは傲慢でしかありません。
なぜなら真実を知るのは宇宙の意識だからです。

宇宙の意識よりも上にならないように、
自然界の生命たちのように素直に謙虚に、
すると過去の景色を意識が見せてくれるでしょう。
随想「過去を見る方法」アップしました。
 2018_05_13




プロフィール

遠藤昭則

Author:遠藤昭則
1954年2月23日千葉県生。

メール




PAGE
TOP.