なぜ宇宙の意識は顔を見せないのか。

Category: お知らせ  

昨晩は大雨、大風でした。
そしてこれを作りあげた現在は、
風もなく静かな朝。
雲の間から太陽が顔を出しています。

4月からの解説講義に向けて、
何をお話ししようかなと考えていました。
そこで、随想「恥じ入る(はじいる)」をアップしました。
毎朝6時半のラジオ体操後、少しして始めます。

「どうして宇宙の意識はいつでもあるのに、
 それだけではいけないのか。」

「それを知っていると、
 安心してしまい、何もしなくなる。
 恥じ入ることさえ、しなくなる。」

「だから宇宙の意識があることがわかっていても、
 それがどのようなものか、わからないようになっている。」

「知ってしまえば、人は何もしなくなるのだから。
 恥じ入ることさえも…。」
 
 2016_02_21




プロフィール

遠藤昭則

Author:遠藤昭則
1954年2月23日千葉県生。

メール




PAGE
TOP.