創造主の思い

Category: お知らせ  

宇宙の思い
 父親がわが子を愛するように、
 母親がわが子をあたたかく包むように、
 宇宙には、子を見守る、
 親としての気持ち、親としての思いがある。
 それが宇宙の思いであり、
 その思いが自然界に現れている。

宇宙には、たくさんの人が住む必要がある
 人は一人では生きていけない。
 だから一人、二人…と多く必要である。
 それも近い距離でなければ協力できない。
 私たちに無限の可能性があるのなら、
 宇宙には無限の人が必要であり、
 住むための無限の惑星が必要である。
 それも近い距離、つまり、この太陽系の各惑星にも。

一なる無限性
 無限の惑星が必要であるのなら、
 この宇宙は無限でなくてはならず、
 それを支える宇宙の精神、
 それは無限という数量を超えて無限である。
 数量を超えた無限は一つでしかなく、
 したがって「一なるもの」、不動なるものである。

宇宙共通語
 この宇宙が調和するには、
 宇宙の中で、思いが一瞬で届かねばならない。
 あたかもそれを表現しようとするもの自身が、
 思い付いたかのように。
 これが宇宙共通語である。

善なるもの
 しかし独善ではなく、
 宇宙が「善し」とする、
 その「善」を唯一なるものは持つ。

因なるもの
 宇宙の精神、
 それは原因と結果を超えたもの、
 大いなる因である。
 身体も日々作られ、維持されている。
 精神も時々刻々と変化し、維持されている。
 だから本源なる因は体内にもある。
 その因は思考するもの、自覚あるもの、
 目覚めているもの、つまり精神、意識である。




 2014_09_01




プロフィール

遠藤昭則

Author:遠藤昭則
1954年2月23日千葉県生。

メール




PAGE
TOP.